TOP

退職|ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その・・

  • とある古物商の求人にて、書類選考をパスしました。その後担当者から面接日時を告げられました。けれど、当日、時間通りに指定場所に向かうと、手違いがあったのか相手が面接の準備を全くしていことがわかりました。待たされたのち、所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、たいへんにだらしのない態度で迎えられ、面接を終えました。でも、予定日になっても結果連絡が一切来ず、自ら問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方がないのでもう一度問い合わせたところ、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、とそう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。呆れて何も言えませんでしたが、内心、不採用で良かったと痛感しています。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメールでの連絡がしつこく来ます。

  • 転職サイトは、一度登録したら、電話・メールがしつこく掛かってきます。これに関して初めて利用する人は大変驚くケースが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが仕事だとされるので、本当に積極的に行動します。特に大手エージェントは、転職を成就させることによって企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。また、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れると間髪入れずに、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように注意することが必要です。

  • 転職先を考えるにあたって、もちろんやりがいを考慮することも大切だけど…

  • 転職先を決めるとき、むろん仕事におけるやりがいのアップと共に加えて給料が上がることも大事なことなので「年収比較サイト」に登録して前もって研究しています。同一の会社でそして一緒の職種、社歴であるのにずいぶん人によって幅があることも多数あり、正直なところ面接で質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトをチェックしていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人間について誰であるのかそこそこ予想できるのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

  • 初めて失業保険を受ける際に、じっとしていれば受け取れると思っている…

  • 生涯初の失業保険をもらうときに、じっとしていれば受け取れると考えている人がたいへん多いですが、それは正しくありません。実際は、失業保険を受け取り続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、その上に、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月周期でハローワーク職員との面談を経て、本気で仕事を探していることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。仮に、真剣に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加なときは、アッサリと給付の一時停止となったり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、注意が必要です。

  • 大好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意が必要です。

  • 得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私自身、もともと食べることが好きだったのですが、過去には、料理店に勤めていました。そのお店での業務内容は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係でとても嫌になりました。そのことが引き金となって退職することになったのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして提供されていた食べ物すら苦手になり、同ジャンルの飲食店は避けるようになりました。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと願い、それを実現させることはステキだと思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、真面目に自分と向き合ってから行動するべきです。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧