TOP

昔働いていた会社でのことですが意地の悪い上司に悩みを抱え、…

  • 在職していた会社で感じの悪い上司の存在に憂鬱な気分にさせられ、その結果仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同業者の別の企業へ転職をしました。新しい会社では上との関係も良好で勤務することができてきわめて満足した毎日でしたが、だんだんと会社の財務が悪化し、結局はある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、それどころかものすごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、ここまで縁があるとは。もちろんまた転職活動を開始する予定です。

  • 転職をする場合、比較的重要視されるのが「面接」になります。

  • 転職時にとても重要視されるのがまぎれもなく「面接」だと言えます。よくある面接の際は応募者に対し、転職を決めた理由や仕事の意気込みなどさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして、面接の終盤になると、今度は、転職希望をする人からの逆質問というのがされるのが普通です。面接官側が、「我が社について何か疑問に感じることはありませんか?」と聞いてくれるわけです。こんなときは、面接者本人が答えを用意しておらず、慌ててしまうと思います。こんな時の為に、予め面接担当者からの問いに対し、答えを用意しておくと良いかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、しっかり考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 退職|就職するため職探しをする際に注意して欲しい求人情報・・

  • 就職のため職探しをする場合に気を付けたほうがよい募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長めというものです。このような求人の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることが多いです。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、30時間や45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料形態に残業代を入れて計算しておく、といった仕組みです。(注意・合法です)仮に『みなし残業代35時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料です」という話になるわけです。が、悪質な求人にはこの『みなし』を意図的に表記してない場合もありますのでよく注意をしておきましょう。

  • 違った職場がいいと転職活動をする人というのは、「1日でもはやく…

  • もっと良い企業に入りたいと転職で活動しているときの場合には「ちょっとでもはやく内定(採用通知)が手にしたい」と思ってしまうものです。しかし、良い知らせを欲しいあまり、自分自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは逆に自分を過小評価するかのような言動はぜったいに避けておきましょう。焦ってしまう気持ちを抑え、冷静かつ客観的に自分に最適の職場を見つけることに意識を向けましょう。これまでの経験が活かせるように、自分のライフスタイルにも合った転職先を見極めましょう。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年ご・・

  • 派遣社員だからといって1年経ったら好きなタイミングで辞められるわけではないと転職活動したことで気付かされました。私は新婚した後、生活が落ちついたらすぐに子供が欲しかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、数年ほど今の部署でそのまま仕事出来たらいいなと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正社員よりも給料は少なかったのですが、時間的な自由を得たかったので、あえて選択しました。ところが、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほぼ全員10年や20年ちかくも続けて勤務していたのです。結論として派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐに辞められる雰囲気もないと知り、困ってしまいました。

  • 明日からでも転職することを予定しているのなら、今の職場や・・

  • 転職を考えているのなら、今いる職場や仕事の何が気に入らないのかを洗い出しておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。元々不満な点が大きいから転職したい、と考えるのは分かります。でも「しっかりと存在する仕事や業務の客観的にみた不満を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあとに、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことができるでしょう。

  • 今の職場や業務の中身についてほとんどの人は不満を感じていると思います。

  • 今の自らの職場や仕事の中身について大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自分の持っているスキルや能力を正当に評価してもらえない」さらには、「給与アップもないし、レベルアップの見込みもない」といった内容が多くを占めると思います。とはいえ、そんな人の中には、自身の本来の技量を実際よりも「過大評価」していることもあります。仮に、そのような人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの求人にはない」と再就職先が全く決まらないことになりかねません。可能性も少なくありません。そういうわけで再就職で良い結果を出すためにも、自身のスキルや能力を厳しい目で客観的に評価してみてください。

  • あなたが今現在、「転職サイト」であなたの希望条件にマッチ…

  • 現在あなたが、「転職サイト」を活用して自身の活躍の場が広がる働いてみたいと思えるような企業情報をあれこれ見ているのなら、絶対に「転職エージェント」も活用しましょう。必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、その場で紹介される求人は、一般的に公開されていないからです。、誰しもが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比較対象にならないほどとても高品質といえます。そして、あなたにピッタリなものをピックアップし、調査しながら紹介してくれます。そのおかげで、あなたの理想の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに調べる労力を考えれば、とても効率的です。ですから転職を成功させる近道といえます。

  • 派遣社員として働くことになりました。

  • 派遣会社でのお仕事が決定しました。勤務の初日に営業担当の方と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、担当者がどういうわけか約束の店の前にいないから店内にいるのではないかと思って店内に入っていくと、担当者は大胆にも雑誌売り場前の通路に座り込んで成人向けのグラビアページを開いて見ているところを発見!こんな担当の人のお仕事なんてとてもじゃないけどできないことだと感じて、その場で声をかけず気付かれないように店の中から出て即刻派遣会社に辞退の連絡を入れました。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧