TOP

会社で何かあって心的に相当につらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したな・・

  • 会社で何かあって回復が難しいほど心的に苦痛を感じてしまい、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、相談するのは会社の人にするより家族と相談して、退職するか判断しておいた方が良いでしょう。なぜなら、働くということはあなた自身のためでもありますが、家族の問題でもあります。毎月、どんなに給料がいいとしても、精神的ダメージを負うほど働くのは良い訳がありません。近年は、金銭的なことよりも、働く当人が働きやすいことを大事にする生き方が尊重される時代です。ですから、あなたの身内とともに、あなたの心と体をいたわりましょう。

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に…

  • これから転職する場合、派遣社員」で考えている人に覚えていてほしい箇所があります。まず派遣と聞くと電話対応、その他雑用等をのようなものをぼんやりと考えてしまった方が少なくないとは思います。本音を言うとかく言う私自身もそう勘違いしていました。「派遣社員」の求人に応募したときに「電話対応が主な業務」と直接派遣会社からも説明も受けてました。ですが、いざ入社してみると、なんと「電話対応」以外に、辞めた正社員の業務の穴埋めをやってくれと言われました。毎回、あれこれ要求されますし、当初の説明とは全く違うので全くわからないような内容でしたので、今はただひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。

  • 友人の紹介で転職する先を見つける人もいます。

  • 人の紹介で転職の先を見つける人もいます。しかし、労働環境やそれと労働時間などの大切な部分を知人からの口コミ情報を判断してしまうとあまり面倒なことになるかもしれません。なぜなら、主観が強調されてしまい、誤解・齟齬が多くなってしまいます。友人・知人にとって、とてもよい職場であっても、あなたの価値観に照らし合わせたときには、ストレスだらけの環境、、、という可能性かもしれません。またその逆も然りです。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミを過剰に信用しないように、自分自身の目で確かめておくことも大切です。

  • 女性が転職する場合、数年前と今とで多少の変化があるようです。

  • 女性の再就職については、一昔前と現在とは少なからず、状況が変わりつつあります。かつては面接のなかで、結婚観や出産後の仕事などについて、ごく当たり前に質問されることが珍しくありませんでした。でも、今はそういったデリケートな内容は「セクハラ」に該当しかねないために、聞かない会社、が増加傾向にあります。また、特に大きな会社の場合は、全面的に避ける傾向にあります。ただし実際、面接する側としては、YES・NO、だけでなく、その人の考え、結婚した後は退職するのか、出産後は時短で働きたいなどを当然、知っておきたいとは思っています。自分自身の将来設計を理解してもらうためにも、志望した動機や自己PRとともに言い表すことで、企業側も考えがわかり、また、疑問も解消できると思うわけです。ということで、たとえ、聞かれていない箇所もこちらから率先して話をしておくのが良いです。

  • 退職|派遣で働いています。労働契約法が原因で不本意ですがずっと働いた…

  • 派遣というかたちで働いています。派遣法とか労働契約法の関連で長期間勤務していた就業先での仕事がもうすぐ終わります。同じ派遣の方の中には、派遣の就業先で正規社員としての契約をつかみ取った方もいるのですが採用された理由としては正直なところ仕事ができるわけではなく派遣先の上司の扱いが上手な方でお引き立てがあった様子。仕事の能力よりおじさん転がしのスキルが大切なのだろうと他の派遣の同僚と勤務先で愚痴を言う日々です。

  • 一般的に大きな会社では、「定期採用」で人材募集することが普通なので…

  • たいてい大業は「定期採用」がメインです。ですから、転職希望者には向いていません。加えて、郊外~地方となるとその見込みがたいへん小さくなります。けれども「製造業」の企業あれば、地方の工業団地付近に工場を置いている少なくありません。さらに、そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大とともに人員募集をする事がよくあります。このタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと思うなら、転職を希望する企業についての予備知識を得ておきましょう。ホームページにアクセスし、求人の予定がないか、マメに確認されることをお勧めします。

  • 転職サイトは有名なサイトであるほど掲載される会社も豊富なの…

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほどたくさんの求人情報が掲載されているため、2つか3つ、とりあえずウェブ登録して、勤務地・年収などにチェックマークを入れて、条件に合った案件が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと転職情報を収集しやすくなります。とはいっても、最初は登録するのに本当に手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録初日は少々時間がかかりますし、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、次回以降の応募を楽にするめにも、初回の準備を抜かりなく行うことを心がけるのが得策です。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧