TOP

転職活動をしているなら、良いと思う求人(あるいは業界…

  • 将来的に転職活動をするのなら、気になる求人(または業界)があったら、逐一、「〇〇業(気になる業界)、ブラック」とインターネットで調べておくべきです。求人票や転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス要素について、教えてもらえない、と思っておくべきです。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索を活用することでいとも簡単に多くの事例に触れられるはずです。そういう手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、あとで入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、すぐに人が辞めてしまう」といったケースが多くを占めます。気になった業種について、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

  • 最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理による現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が打ち出されています。金融政策との相乗効果によって、財界や企業間でも次の世代の変化が顕在化しつつあります。その変化の中で、民間企業サイドでも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がかなり深刻化しています。ここ最近では、「外国人の労働者」の数を現状以上に高めていくと安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくはずです。

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業していることが給付の必要条件です…

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。それまで働いていた期間によって変動し、90日だったり120日だったりするのですが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから焦りながら職探しをしたとしても良い結果にならないのは言うまでもありません。転職先の面接官もアホウではないので、「いつに失業した?」「失業からどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたか?」といった部分はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。もしかすると、それらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど不利益を被る仕組みが出来てきましたが、まだ完全とはいえません。そのため、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票などで労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについていろいろと質問をぶつけましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。中でも「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問を重ねていくと渋い表情を見せるケースが多いです。それでも迫ると、ふてくされたような態度を見せはじめるので、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必要です。

  • 転職活動には、然るべき準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見えるファッションは誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。ただ、最近の企業面接については形式ばらない服装で大丈夫な会社があるので、しっかりビジネススーツを着て赴く必要はありません。とくに会社の創立してすぐの企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良いイメージを持ってもらえます。さらに、正装でないので、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服だと面接の間に、ファッションの事で話題が広がることがありますから、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、今から転職は企業の「設立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧