TOP

大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件を持っている…

  • 「就職エージェント」大手には、豊富な案件があるという長所がありますが、他方、競合する転職希望者も大勢います。それがためにあなたが、気になる案件を見つけたとしても、そのエージェント担当者が「転職するのがむずかしい」と判断すると応募してもらえない可能性もありますし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいれば、その人を優先することも考えられます。要するに大手エージェント運営元は、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱いそこそこ難しいので、中小規模のエージェントに応募したい会社や案件に関して相談し、応募できないか、と問い合わせておくと転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。

  • 転職活動を行う際は、ゼッタイに自身の心のうちが急がない…

  • 転職をするための活動を成功させるには、まず何よりも内心がスッキリしていることを大切にしたいものです。在職中に転職をするための活動をするのであれば、それほどないかもしれませんが、退職後に行う場合、人というものは心のうちが焦ってしまいます。その点を踏まえ、気持ちを落ち着けながら活動することを忘れないようにしましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか否か、しっかり、冷静に見極めることが重要なのです。そうすることで、良い転職先が見つかりやすくなります。

  • 雇用期間中は、なるべくバレないように(私の転職活動で・・

  • 在職中は可能であれば、周りの人に気づかれないように、(自身の場合)雇用中に転職する考えのみ活動初期の段階で会社内で仄めかしたことがあります。にもかかわらず、その後転職情報を色々と探してみたのですが、働く先や時期などすら無鉄砲に決まらないまま、あっという間に時間が過ぎてしまいました。そしてその傍ら、社内では退職に関わる引継ぎや手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したあとで、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

  • 求人関連の情報を見るとき、例えば、デスクワークが希望だから…

  • 求人に関係する情報をチェックする際、例えば、デスクワークがしたいからと、製造業を見ようとしないものです。そういったことをしている人の多くは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか求人募集してない」と勘違いしている場合もあります。実際に、製造業での求人であっても現場作業者だけでなく、総務・経理と言ったスタッフや購買、営業管理のような「事務系」に類する部門も相当数あります。とはいえ、製造業は往々にしてビジネス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、アフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。だとしても、自身の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

  • スムーズに転職したい時は、希望する企業とのやりとりというより…

  • 転職活動のコツは企業そのものというより、正確には「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。面接係員に良い印象を与えるために、初歩として肩の力を抜いて焦る気持ちを捨て、平常心を意識しましょう。例を挙げるとお見合いをする意識で向かうと緊張がとけるかもしれません。また面接に進むと最も初めにあなた自身の「人間性」をチェックされてしまうので悪い印象を与える行動は気をつけてぜったいに控えましょう。また良識ある社会人らしさが伝わるように、転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、かならず転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

  • 日本には「石の上にも三年」という教えがあります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」が決して珍しいものでなくなっています。が、当たり前に転職が可能だと思い込み軽々しく転職を繰り返していてはいいことは決してありません。実際に再就職するつもりなら、重要なのはタイミングといえます。その基本として、今やっている職場、仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不服を強く感じていることを10個前後、書き出してみてください。其れによって転職を決断することです、そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、決断を遅らせることなく、よりも良い仕事ができるよう、取り組むことが大切です。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧