TOP

こういう転職ができたという話は兄の友達から聞いた話です。

  • こうした話は知人からの話です。始めに新卒として入社することを強く希望していた最終目標であるA社で行われた最終面接で不採用になり、その後仕方なく別の会社に就業しました。約1年半経った頃に派遣の求人サイトでたまたまA社の紹介予定派遣の求人を発見し、どうにかしたくなってその時の会社を直ちに退職し、派遣という形でA社での就業を開始しました。思い切った行動ですね。死ぬ気で頑張ってその結果予定通りにA社で正社員登用されて、現在においては仕事に生きがいを感じながら元気に仕事をしています。

  • 20代前半に転職を2度経験して、そして現在、複数の資格をとるため・・

  • 私は20代までに転職2回で、そして現在、資格取得の勉強をしながら、「派遣社員」で勤務しています。常勤の勤務ではないのでやはり給料は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、心と時間的な余裕ができました。たまに、学生時に資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、実際にそのような人を見てしまうと自分もああなりたかったと見えてしまいます。今まで私は、うまくいってる人と自分とを比較して、悩みだったのですが、今では結婚してから、私の生活環境が大きく変わり、その中で仕事や将来の夢も定まったので、楽しい毎日を過ごしています。

  • ついこの間、転職したばかりなのに、早期に辞めてしまうケース…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、わずかしかたっていないのに退職してしまう人というのも意外と多かったりします。何故そうかと思うと私の思うところをいうと心機一転、素晴らしい会社を手に入れたはずなのに「理想としていたものとけっこうギャップがあって幻滅した」「職場が受け入れられなかった」という理由で退職してしまうことが珍しくないといいます。可能ならばこのような、転職における失敗を未然に防ぐためには、まずは前もっての情報収集を徹底しなくてはなりません。職場内の環境、職場独自のルール、昇給システム、などいろいろ調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

  • 失業保険の給付に関して、「就職活動」していることが条件になります。

  • きちんと失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を探しているという証明が必要となります。とはいえ、「今まで一生懸命働いてきたので、とりあえずは働かずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが本音でしょう。ですので、きちんと次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのはあたりまえですが、その場にて、「求人票」を確認することを最低限行わなければいけません。真剣に探す気力がないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、面談の際に、「労働条件のいい仕事や自分に合った仕事、希望する仕事がありませんでした」と相手に伝え、次の機会を探すというやり方もあります。

  • 『転職したい!』と考えていて、その意志が抑えられないくらい強いものであるなら、…

  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、その意志が強いのであれば、退職したいという旨を即、上司に伝えておきましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしていると、もしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、スンナリと受理されずに結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞めたい旨をはじめて直属の上司に話した時は年度末、実際では数ヶ月働いて退職届けを出せたのは同年の11月です。本当は、仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、うまくいきませんでした。やはり会社にも人事の采配が必要なのは分かりますが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、その会社に対しての職場に対して信頼はなくなりました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして悩みましたが、転職すると決めました。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職を決意しました。実際に転職する前は、かなり悩みました。社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを転職活動中に理解し、自然と気が楽になりました。なにより転職を経験すると自然と肩の荷が下りるような気分になり、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が充実したものになりました。なかには「辞めることが悪」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の人生においては転職を決断して後悔はありません。

  • 長い間接客業で勤務してきましたが、歳をとるにつれ立ち続けるお仕事は…

  • 長きにわたって接客関係で仕事をしてきましたが、加齢が原因か立ったままのお仕事は体力的にしんどいため、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを目標にして活動しました。事務未経験だとわりと難しくて、それなら接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと資格も取り個人の医院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関してもややこしい。夜間のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた時より家に帰る時間が遅くなってしまいましたが、とにかく今はキャリア形成の時期と思って我慢します。

  • 近いうちに転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 年内中に転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、可能ならば失業手当をもらうことをおススメします。この手当ては勤めている会社側で社員に「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば誰でも失業手当を受け取れます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合での退職なら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、現在の会社都合の退職だったり、残業時間次第ですぐもらえる場合があります。なお、受け取れる「失業手当」の額は、最後となる月の直近の給料を基準にして失業手当の支給する額を割り出されるので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 仕事を探している際に目を光らせる募集要項は、参考程度に、アバウト…

  • 再就職をする際に閲覧する募集要項の情報というのは、参考程度に、アバウトに載せている確率も少なくはありません。なので、書かれていることは全部正確であるとは考えるのはやめておいたほうが最善でしょう。特に給与面においては、平均なのか?最低額なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というジャッジができる人は少なく、自分判断でわかったつもりでいると、後になって嫌な思いをするかもしれません。それゆえに、後悔しないようにするためにも、求人情報はうのみにせずに、そういった内容は会社側に直に確認するのが好ましいです。

  • 転職したい会社の会社見学は、たいへん勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。特に、「職人」がいる会社見学は、職人技を近い距離で見られるので楽しめます。でも、「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることはまずありません。特にその傾向が強いのはブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。この分野では、癖の強い人が多いので入社した後までは実際の姿は伺えないものです。そのため、見学だけの仕事だと決めつけないことがとても良いです。それに加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、正直言って、良い会社とは言えません。入社していない人にはケガなどのトラブルに見舞われたとしても、それに対する保障が一切ないので、仮に、勧められてもていねいに断るのが無難です。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧