TOP

万が一あなたが、現職からの転職の決心したなら、徹底的に…

  • もしもあなたが、現職からの転職の決心したなら、徹底して会社の人には内密にその気持ちを悟られないように、活動を進めていき、転職先が決定していないのなら、可能ならば同僚に気づかれないように普段どおりに仕事をする方が妥当です。現職中、この状態を維持していれば、もしも働き先が簡単に見付けることができなくても、転職の予定を遅らせながら、今の仕事をし続けてもトラブルの心配がありません。でも思わず口にしてしまったら同僚はそれに合わせて応対します。それに社内の人間に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、会社内では「あの人は辞める人」という位置付けになります。そのようなシチュエーションになってから、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中、身の置き所がない思いををするリスクがあります。

  • もしあなたが転職を考えているなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。

  • もしも近い将来、転職するのなら、資格を取得しておくことをお勧めします。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取るのがおすすめです。転職活動の際には有効活用することができますから、新たな分野に挑戦することも可能になります。なので、資格取得は、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が一番良い時期なのです。もしあなたが未来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の仕事に別れを告げても躊躇なく次に進められるはずです。さらに、資格を手に入れることで転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接の場では担当者に即戦力になる人材だと印象付けることができ、それまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

  • 生まれてはじめて転職をする際、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を去らなければいけないの・・

  • 初めて転職をするとき、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を辞めたいかをクリアにしておくことです。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。そして現在の問題を解消できそうな会社を決めてみてください。卒業してからの転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事と並行して転職活動をしていく必要があるため、時間と体力が必要不可欠です。問題の明確化ができていない状態で転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまう可能性もあります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強い気持ちがないあいだは、転職活動をスタートするのはやめておいたた方がいいでしょう

  • このように現在の会社や企業の労働環境のめまぐるしい…

  • 現代の企業の雇用事情の激しい変移をにおいて、社会人の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど敏感に感じ取っているようです。大方、自身のキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。従って、サラリーマン・労働者の流動化が進んでいるようで、なおさら、今後、益々世代に関わらず転職への注目が増えると考えられます。労働市場の「流動化」によって労働者の転職は身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「会社を辞めて転職」は印象が悪く、転職が思うようにいかず、困っていた人も多くありました。しかし時代が変わり今勤めている職場に執着する必要は減少しているように感じられます。

  • 自分のスキルや資格をふまえて転職活動する際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい職・・

  • 今ある自分のスキルや資格を武器に転職活動を考える場合に、比較的、転職しやすい業界と再就職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」がおなじみですね。医療・介護の分野ではそれぞれ看護師・介護士は「資格」を必要で、ハードルが高く、売り手市場となっています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、ワケあって、異業種に再就職したいと思っているなら、すぐに行動するのはキケンです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、人材の流動性は少なくなります。したがって、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職をされるのであれば、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと覚悟しておきましょう。

  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を渡してきた時・・

  • 再就職での面接などの時にもし担当者に名刺を渡された場合、同じようにあなたも名刺を差し出すべきであるのか?差し出すべきではないのか?と迷ったときは、基本的には差し出さなくても良いと考えておきましょう。転職のための面接というものは仕事内のことではなくて、仕事を得るための就職活動の一環なわけですから、一般的に名刺をやりとりする時間ではありません。さらに、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。したがって、相手の方から名刺を渡された時でも、あなたは、ただ受け取るだけで大丈夫で、担当者に相手の方にあげる義務はないと思います。

  • 転職をする際に面接でかなり高確率で投げかけられるの…

  • 転職をする際に面接でほぼ絶対に投げかけられるのは前に働いていた会社を退職した原因なわけです。この質問が出た場合には話題を前職のことにしない方が最善です。辞めた理由を的に絞り話が進むと言うまでもなくマイナス面を伴った話の内容になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、どうして以前働いていた会社を退職したのかという事をこの会社にどうしても入りたい理由があったからといった話の中身にすべきということで、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に話の方向を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういう話ならば、悪い面ではなく良い印象を与えることができる前職を辞めた理由にすることができます。

  • シフトがある仕事についての話です。

  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの提出方法や休む手順については、面接時に確認しておいた方が良いです。前に私は出産のため抜けた人の助っ人として、正社員として入社したのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の方が「土日」に必ず出ることができたので、私も同じタイプと思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ると、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?今思うと本当によく我慢してやってこれたと思います。

  • 就職活動において、年収はかなり大切なポイントです。

  • 就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接時には、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。今の年収が400万円の方が、転職後に500万円となる可能性はまず無理です。たとえば、現在の年収が430万円としたら、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくべきです。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、退職せざるを得なくなることを招きかねません。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧