TOP

転職活動を開始するにあたって、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが・・

  • 転職を行う場合、いろんな方法で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたということで、運営サイトを相手に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、見方を変えると、投稿の内容が嘘であれば、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。または、真実はクロで「このままではマズイと思い、なんとか火消ししたい」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いということは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると見て良いでしょう。そもそも、本当に善良な会社であればトラブルなど起こりません。

  • もしも再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが会社を去ろうとしているのを知ると、・・

  • もし転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると状況が悪くなる可能性があります。働いている会社の環境によっては、問題はないこともありますが、意地悪や、やっかまれる可能性など様々です。それだけでなく、残業時間を増やされる仕打ちも考えられるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記のような状態を回避するため、今所属している職場では、いたって真面目な態度でいましょう。充分に警戒しておけば、良い状態をギリギリまで維持したまま、晴れやかに仕事を辞めることが出来ます。そして、円満退職になれば、退職後も、相談にのってもらえるチャンスにも恵まれるはずです。業種や規模に関係なく、どんな会社でも、人との縁はとても重要なので、辞める際のトラブルは、可能な限り警戒しておきたいものです。

  • 違う職業に「転職しよう」と思う理由は人によりけりです。

  • 看護師のそれ以外の仕事に転職の原因は人によって違うはずです。さまざまな理由がありますが、転職するには「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚で一人とは変わって出産そして子育てさらに親の介護など、身近な家庭環境の種々の変化によってこれまでのような仕事が難しい」「今の稼ぎに不満を感じている」など多種多様の理由があるのでしょう。でも、転職を実際に決断するまえに、「なぜ、自分は転職する必要があるのか?」と、今一度リラックスしながら現状を客観視することも大切なことです。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考し、決断すれば間違いが減らせます。

  • 看護婦という名前だった看護師という仕事は、どうしても…

  • 以前は看護婦と言った看護師というのは資格として歴史的にも女性の割合がたいへん大きい職です。知られていると思いますが気力・体力を大きく消耗する職場ともいえます。そのために、対人関係の問題や、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい職業ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を替える人がとても多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、人材不足な状態になっています。常に各病院は、看護師を募集する「売り手市場」となっていて、それが転職増加の状態に拍車を掛けています。

  • 転業を念頭に置いているならまめにさまざまな会社の採用…

  • 再就職するつもりなら、いろんな企業の情報を日常的に調べたり比較したりしておくと転職先をとても選びやすくなります。現在の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、本腰を入れて転職活動を始めたときにどこの会社も魅力的です。そんな状況になってしまうと、どの企業を選択するべきか、判断できなくなり、選択をしくじりかねません。すると、あっという間に転職を考える羽目になるので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、会社の取引先を見る事です。透明性ある会社は、取引している会社を公表していますし、反対にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、覚えておきましょう。さらに、会社によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

  • 転職のために今働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要があります…

  • 転職する際、現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もしあなたの都合で退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職のときは失業保険はすぐには給付されず手続きをした後に失業が確認されてから3ヶ月間を経ないと受け取ることが出来ないのです。よく間違って退社した日の次の日からちょうど3ヶ月でもらえる、と勘違いしないように注意しましょう。この規則を理解していない人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってハローワークの保険担当者と口喧嘩をしているのを見たことがあります。加えて、社員側の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のケースでは、失業が認定されればすぐ失業保険が給付となります。

  • 転職の際に欠かせない面接での勘違いしている人が多いのです…

  • 転職の際に欠かせない採用面接に関して、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまりあからさまな猫をかぶることです。するとはっきり言って逆効果になります。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「有給取得率」などの、通常であればかなり聞きづらいことも勇気を出し質問しておくと、確実に自身のためにもなります。実際には「そんな無遠慮なそういった内容を無神経に尋ねることで最終選考に落とされるのではないか」と不安が募るかもしれませんが、ところが、かえってプラスに作用する直結するといいます。こうしたお金や労働環境に対する内容は、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ですが、面接に応募した人たちの多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかし、あえて踏み込んでおいたほうが、「ほかの人とは違うな」と自己アピールになるのです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。

  • 転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。けれども、仕事を続けつつ求人情報を調べて応募したり、面接に行くのは精神も肉体もかなり骨の折れる作業といえます。転職活動をしているあいだ、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。とりあえず応募するという方針の人もいますが、書類選考をパスし、面接が決定した後で辞退すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と認識しなければいけません。

  • 今までは、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」を活用していました。

  • 今までは、求人情報は「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。なぜなら、大手「転職サイト」は、やはり都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域に密着した企業も多くあり、自分に適した職が探しやすくなります。ですが、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている人がかなり多いと思います。思いもよらず、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、もし転職しようと考え中の方は、ハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトみたいに大量の電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

  • スマートフォンで調べればインターネットの世界では、要するに…

  • 世の中は変わっていてPCは便利でネットで見られる世界には要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多数あります。その多くて困るくらいのサイトから自分自身が欲している転職先を見つけたいなら、なんといっても情報を収集することから始めましょう。このような「転職サイト」をきっちり活用することで、よりスムーズな転職先探しができます。頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらチェックしてみてください。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧