TOP

新しい職を探す際、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」…

  • 求職活動においおいて、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る手段もありますが、もしあなたがその種のエージェントに登録したことの結果として新しい仕事を見つけることができた場合でも、「失業保険」は給付対象外となるので、注意しましょう。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと給付されないので覚えておきましょう。一方、ハローワークを経て斡旋してもらって就職した場合は、就業の準備金として「一時金」を受け取れることになります。ネット上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは何の関係もありません。これを押さえていなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要不可欠といえます。

  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必要不可欠だとされています。大部分の企業は履歴書だけでなく職務経歴書に記載されている内容で面接するかどうかを決めるため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事といえるでしょう。ただ穴を埋めることにとどまらず、内容を充実させることが大切です。「職務経歴書」では、これまでの職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書き綴りましょう。さらに、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。売上を従来比○パーセントアップ達成させた、などわかりやすく記載しましょう。作成に行き詰まったら、転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、転職エージェントを活用してみるのも満足のいく転職をするための有効な方法です。

  • クールビズの格好で再就職の面接に臨むときには、ジャケットはさすがに…

  • クールビズ(軽装)の服装で転職の面接にチャレンジする場合、ジャケットは着ていかなくても安心であるとはっきりとわかるのですが、ネクタイは面接ではつけている方が安心です。タイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと考えている会社もあるとは思いますが、ネクタイに関しては例えクールビズだろうとしなければならないと決めている会社がそこそこあります。ですから、クールビズと言われていたとしてもネクタイだけは着用いく方が良いというのは知っておいてそんはありません。

  • 転職活動を始める場合、はじめに、ハローワークやネット上の求人情報を見たりし…

  • 転職を行うにあたっては、予め、ネット上で転職関係のサイトを見たりして転職希望先の会社をチェックすると思います。ところが、その会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。そして、不都合となる情報を表に出す際は、言い回しを変えてごまかそうともします。そのような類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については額面通りに捉えるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。もしも美辞麗句を信じて会社に入った場合、予想とは全く違うとあとで後悔するかもしれません。悪徳会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後、様々な言いがかりをつけて会社を辞めれないように仕向けてきます。この手のブラック企業には注意しましょう。

  • このところ私は派遣の会社に登録しています。

  • このところ私は派遣会社に登録しています。サイトを見ていて気の向くままに自分にぴったりの仕事を見つけ出して確認したところ「その仕事はすでに他の方に決まりました」とお断りされ瞬間的にサイトから仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか翌日に閲覧するとまた情報が掲載されています。これは結局私ではよくないのだって意味ですよね。そうであれば最初からカドが立たない程度にはっきりと教えてくれるといいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいは客寄せのためのダミーの仕事なのでしょうか?

  • 転職をしようとする場合、書かないといけない履歴書や職務経歴書などについてですが・・

  • 再就職する場合書かなければいけない履歴書に関してですが、たいていは手書きではなく、パソコンで作るというのが一般的となっています。現代の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを用いずペンを使って作成するのが当然だと捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人の就活やアルバイトやパートの時であって、実際には、転職に関しては100%手書きじゃないといけないとまで言い切ることはできません。自筆を高く買う会社もあるようですが、そうじゃないケースがどんどん多くなってきているので、自筆の履歴書や職務経歴書でなくてもよろしい場合はけっこうあるのです。

  • 転職について考えた場合、そこでの自身の給与を過剰に気にする人…

  • 転職というものを考えるとき、転職したあとの自身の給料を過剰に気にする人がわりと少数派でもないでしょう。とうぜん大部分の方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として得るために励むのはずです。年収の額は自身の社会的な価値を知る値という側面もありますから、とうぜん大切なものであることは当然ともいえます。しかし、愚かにも年収額ばかりを気にかけすぎる人生というのも人生を損してしまう気がします。年収に反映されない仕事であっても精神的な成長を遂げられるチャンスは普通に転がっているからです。

  • 未経験の業界などに転職したいと考えている場合には、前職で、自…

  • 全くの未経験である業界などに転職を考えるときには、自分が以前の業界で身に付けた腕前や今まで経験したことを発揮できるといった内容の訴えがいるようになります。働いたことのない業種の場合、経験のない分その分野で今まで働いてきた人たちよりも実際のところ、足りない部分はありますが、自分自身の持っている能力がそこでも十分に生かすことができるということをうまく話すことができれば、戦える場合も考えられるのです。ですので、未経験の業種にチャレンジする際には、その業界と自分が今までやってきた仕事との関連を可能な限り発見しましょう。

  • お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧

    お問い合わせ
    プロフィール 上田 周平の自己紹介です
    サイトマップ
    サイト管理者
    過去記事一覧